むさい

恥ずかしながら、オレを晒すと、俺は天才だと思ってる。どうにかなるんじゃないか?と親の脛砂利混じりつつも噛んで現実を見ずにこの24年暮らして来た弊害、悪い積み重ねが出てしまっている。どうでも良いソシャゲなんかに湯水のように時間を使っては喜ぶ脳内出血致死量なんだ。どうしよう?とこのブログにかいている。馬鹿じゃないか?働けば良いんだ。そんな事も分からないのか。と言われそうだが、ボクは働きたくないのだ。これは甘えじゃなくて、選択肢にアルカポネ。今思い付くのはAフルタイムBかけもちC内職どれを選んでも地獄なんだ。限界が来ている。そりゃー健常者だったら鬼に金棒よ、アルバイトでも生活できる。俺は違うんだよ、当面それで暮らしてはいけないんだよ、這いつくばってある作業してる、精々2年だ。今の職場も、最低夏頃今年中には辞める気でないと悪魔に食われる。理想の働き方はそう!あったけど、それも好きじゃないと続けて行くのは辛いやつだなと気付いてからは虚無感、興味がなくなった。パソコンも、、買っても意味あるのかなと思っちゃう。妥協したら15万円のを買いたいけど多分貯める事は出来ない。今日だって祖母へのプレゼントの傘を買うのに祖母からもらったお金を使ったんだから。いとうあさこのヒモじゃん。なんかね、今までのひきこもりニート12年間生活何も要らない、何も欲しくないだったんだよ。たまに貰うお金で誕生日祝いをあげて幸福感を得るしのうと煽って毎回最後のケンタッキーを買いに行く。それは嘘でさ、その反動で、今有り金全部使わないと気が済まないんだよね。鬱病に効く、1週間7000円ホンマでっかかなにかのテレビでみたけど、買い物すると気が晴れるんだ。自分に選択肢があって、選択していいんだって認めてあげる。そんな事も出来なかった日常が長年の苦労であったから、出来るのが堪らなく嬉しいんだ。
でもこのままじゃ沈んじゃう。資格が欲しい、お金が欲しい、でも出来ない、どうしたら良いんだ。予定は①???②嫌だけどABCマンになって身体壊してしぬ③宝くじを1年間買い続けて他力本願で生きる