1億円があったら

1億円がある、ということしかなくて、私の人生はなんらかの変化なし。1億円があっても、如何せんお金に使われる人になると思う。例えばよくある話の良い家を買う車を買ってあげるとかしか思い付かないし、お金を使える人じゃなくてお金に使われるで終わりになる人生になると思うから俺の場合は。バリア!
個人的には、大学に行ってみたい。音楽学校に行きたい。留学してみたい。3つくらいあるけれど、どれもこれも大学に行かなくても音楽学校に行かなくても留学しなくても何とかなる認識難易度なんだよね。大学?じゃあなんで大学に行きたいと思ったんだろう。映像を学びたいと情熱があるから。行くといたら日本映画大学ハーバード大学だけど、前みた白熱教室でハーバードは2億円奨学生じゃないとかかるらしくて、即諦めた。夢を見ている。もちろん日大の費用も難しいから諦めた。音楽学校も歌が好きで歌手になりたかったから手嶌葵と同じ所に行きたかったけど、これも同じ理由で諦めた。
留学はね、英語出来ないなんて今更ダサすぎでしょなんて思う。だって大好きなあんな歌やこんな歌が歌えないままの自分なんて大嫌いだから。だからちゃっちゃと留学しちゃえば、渡辺直美も3ヶ月?で覚えたらしいし、何とか丸く収まるんじゃないかなと思って留学したいんだよね。ただただにこれは語学留学したいんだけど、今、ミュージカル留学やダンス留学も素敵だなと思っている。俺がナイスバディで語学堪能やったら金に困らない、昔取った杵柄の自らの職業もあったら即実行出来たんだろう。で、これらは息を吸うかのように今、目の前で実行できる。それが海外でないとイケない理由は無いし、自分を今までの時代?時期ないがしろにやりすぎて、自信喪失し過ぎてボロボロのダンボールみたいにメンタルずたぼろでなにをするにも気力は湧かないようになったけどさ、でもさ、あるわけよ。少しでも、希望が。昔取った杵柄の片鱗が。歌って生き甲斐があるから。それだけで、生きていける。と昔は思っていた。でもううん、歌だけじゃあしんじゃう。ちゃんと住む所と一日一食は食べる物と暖かい服と涼しい服と居場所が欲しい。何もない私には、これらがある。何もないって言うだけでいつも毎回終わってる今日を終わらせたいな。これはこうしたいと欲求がある。しにたいだけじゃない、数々の夢や希望が私を導いてくれるから生きてるに至る。イヤイヤ言って過ごした10代は終わった。イイイイ!って歯を食いしばる20代はこっから始まったばかりだ。楽しみだね。
後仕事辞めてこれしたいんじゃってのがなければ他愛ない話さえ出来なくなる生き甲斐のない人生にはなるよね。あー退屈と言うか。お金を使えると自由にも飽きてきて、お金で出来る事が限られてるから。はじめんとかクリエイティブな人ならお金を利用して、例えそれに見合わなくても見合っても、ちゃんとその価値を見出せるんだろうね。実際稼いでるしね、その額を自分自身で。